イベント・展示会

詩から生まれたハーブ展 vol.2  2021.10.29-11.3

第2回目の開催地は、山形県山形市。詩人の出身地での開催。


 習慣的な生活のリズムだけでは、つまらないし、物足りない。

 何か新しい行為を、自分の人生につけ足したい。

都市生活に慣れてしまった現代人ならば、誰しもが一度はそのような心の壁に衝突してしまうのではないでしょうか。

「行為」は、「表現」と言い換えてもいいでしょう。

表現する歓びは、既存のテキストに沿ったものをやっているだけでは、

いつかは煮詰まってしまい、閉塞感に見舞われてしまうもの。

表現は常に自由でありたいし、表現する行為の前に、自分の表現のスタイルを見つけることができた歓びをしっかり実感

したいのです。詩とハーブの出会いは、そんな歓びの獲得とともに生まれた表現のスタイルです。

詩に潜む、痛切な心の叫び、鮮烈な言葉、言霊の響きを自然の恵みであるハーブがその効能を持ってどのように語ってく

れるでしょうか。既存の作風にはない、オンリーワンの作品群を披露し、そしてご来場の皆さまに、困難な世相の中におい

て僅かながらにも平穏な歓びを届けられることを願い、本展を実施、発信いたします。

そして、第1回目の仙台展とは異なる表現スタイルでお楽しみいただけるプランニングを構成しています。


■ 会期:2021年10月29日(金)〜11月3日(水・祝)9:30〜16:30 ※11/1は休館日

■会場:山形県郷土館「文翔館」(山形県山形市)

詩から生まれたハーブ展   2021.4.23-28

詩人・横尾和義(不入斗ケイ)氏との初のコラボレーション展。
詩から得たインスピレーションを、ハーブのブレンドで代弁表現。


 表現は常に自由でありたいし、自分の表現のスタイルを見つける事ができた歓びを実感できたら嬉しいものです。詩とハーブの出会いは、そんな歓びの獲得とともに生まれた表現のスタイルです。

 ハーブは、何千を越える種類があり、それぞれに異なる効能、効果を持ちます。ハーブの歴史は、人類の起源にまで遡ると言われ、纏わる伝説、慣習は世界中に存在し、人類はその歴史の中でハーブの効能を身近な生活の知恵として取り入れてきました。自然の恵みであるハーブは、人の体と心を癒し、支えてくれます。そして、生活全般に関わる多種多様な使途があり、万能な奥深い力が潜在されています。

 詩人は、そんなハーブの中に様々な主張が存在することの気付きを得ることが出来ました。

 詩人の各作品に潜在する想いをハーバリストがインスピレーションとして受け取り、それをオリジナルのハーブブレンドとして創作するという表現の冒険と挑戦を具現化する為に、『詩から生まれたハーブ展』の着想が生まれてくれました。

 詩に潜む、痛切な心の叫び、鮮烈な言葉、言霊の響きを自然の恵みであるハーブがその効能を持ってどのように語ってくれるでしょうか。既存の作風にはない、オンリーワンの作品群を創造し、発信します。

■ 会期:2021年4月23日(金)〜28日(水)

■会場:むかでや画廊(宮城県仙台市)